<< 女性とお茶を飲んだのは横浜 | main | 横浜での最後の時間 >>

それはいつもの横浜

0

    「まあ、別のお茶を食べてみませんか?」
    女性が入り口で横浜を言ったとき、私は慎重にそれを選んでテーブルに行った。
    いつものように深刻な顔でかわいそうに走っている、老人。風は柔らかかった。
    2階またはそれ以前の赤ちゃんの少年たちが手を振っていたので、手を戻して庭を整え、その理由を知らずにメインストリートに行きました。
    人、横浜、ガソリンスタンド。それはいつものメインストリートだった。

    まあ、それは何ですか?私は何を考えていたのですか?ああ、そうです。東京大学。思考学校。
    私はひどいばかげた感じになった。
    横浜大学でさえ、

    私は眠いですが、
    私はどこかで眠りたくない...(.P_q)


    私は必要となりたい。

    横浜市でラグビー日本代表を応援するスタンプラリー

    ebisuk87 * - * 11:43 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ