make.横浜&加古川のママ活な出会い掲示板

横浜や加古川で何かを生み出したい毎日

加古川の出会い掲示板をなかなか断れない人もいます

| 0件のコメント

最初は普通に交流するのが好きでしたが、だんだん加古川の出会い掲示板なことを言い始めて、やっぱり従おうとしたので「嫌い」と断りました。それから私は攻撃され始めました。

そして、カバの連中が集まって、私を加古川の出会い掲示板するのは楽しかったです。
さて、動揺して怒った惨めな男と、誰にも扱われなかった人たちが集まってバカだと思っただけです(笑)
でもそれはカバの男だけでなく、この時期の日記に載っている金髪の豚の男でもありますが、男を拒むと悪者が多く、手をひっくり返すように攻撃したり呪ったりしますよね?

そんな力で断ると中傷する中傷者が多いので、女性がポイントを狙っていなくても、なかなか断れない人もいます。
日記の内容に関係なく、「あなたのことを心配している、ずっと見ていた」、「あなたの目は美しい」と言った人が、まるで日記のことを心配しているかのように。しかし、私を正義の英雄として分析する何かを書くとき、あなたは何を心配しますか?
誹謗中傷は②ではありません」

加古川の出会い掲示板は訴えられていません。

そして最後に、「何か書くと、すべてが自動的に弁護士に転送されます(笑)」と、見捨てられた言葉のようにブロックされました。

彼女はかつて日記に「私が言いたいのは、ブロックは加古川の出会い掲示板だ!」と書いたことがあります。

つまり、は私の書き込みを自動的に転送することを許可しましたよね?

警告はしませんが、泳いでいますか? (笑顔)
また、顧問弁護士がいるのに、先にサイバー日本に電話したり、日本に電話したりしても、なぜか民事裁判ができません。
日本は民事不干渉ですよね?

コメントを残す

必須欄は * がついています