make.横浜&加古川の出会い

横浜や加古川で何かを生み出したい毎日

横浜では何でもいいと思っていました

| 0件のコメント

夫は横浜したときに妻に「幸せにします」と言ったと思いますが、いい妻をもらった夫も幸せです。
幸せな夫、あなたの妻をありがとう。
「吉本」
学生の頃、吉本のお笑い芸人なら何でもいいと思っていました。
その横浜は、吉本芸能人がテレビで人を殴っても笑わせられたからです。
吉本の若い男性漫才師の一人は、何をしてもファンの15歳の女の子を買って、春に知っている不動産会社から男を作ったことを知りました。吉本に捕まり、男は吉本を追い出し、漫才の組み合わせは解散し(もう一人の漫才師匠は吉本に残った)、その場合は吉本芸能人だったので何をしても。私はそれが許されていないことを知っていました。
かんぺいちゃんは、横浜と話しているだけで営業の仕事が暗いビジネスだと知っていたので、仕事を辞めたと言って真面目だと思ったことがあります。
かんぺいちゃんはアヘアヘアのリズムで仕事に行くと思いました。
私が働いていた会社は、いわゆるブラックビジネスと関係がありました。
暗い事業所であるため、当社の製品を一切販売していないとは言えず、上司も従業員も好調でした。
それとは何の関係もない会社はありません。
夏休み “

コメントを残す

必須欄は * がついています