make.横浜&加古川の出会い

横浜や加古川で何かを生み出したい毎日

幼なじみは横浜の家に帰りました

| 0件のコメント

小さなかごの小包の場合は、別の日本語の「S」です(^-^)
横浜、13歳の兄弟とではなく、女性と。
昨夜
幼稚園から大学まで一緒にいた幼なじみは横浜に戻り、練習したいのでカットモデルになりたかった。

両親の家に帰りました
彼は兄が家に帰って花火を準備するのを楽しみにしています。

横浜で平成生まれ同士の出会い

 

久しぶりの弟は、大会社4年生で非常によく成長しました。
私はとても幸せでした。

梅雨の季節が近づいているようです。
夏を少し前に届けたいです。

この日記を書いている隣に、兄が寝ています。快適に見えます。
今夜は久しぶりに兄と寝たいです。

おやすみなさい。
熱中症に注意してください。
横浜の法則を考慮すると、「部屋のオブジェクトの20%がスペースの80%を占める」と解釈されますか?意味なく買ったのは確かですが、今は邪魔になりたくないのです。必要のない大きなものが部屋に残っているからです…

コメントを残す

必須欄は * がついています