make.横浜&加古川の出会い

横浜や加古川で何かを生み出したい毎日

横浜での友人は誰だろうか?

| 0件のコメント

横浜大学の友人で横浜の友人である内田桃子は、エッセイ「河童時」に書いた内川龍之介を書いた。
「暑すぎて怒って死んだと思った。」

しかし、暑い中で片耳のウサギが死ぬと考えるのは誰だろうか?

「南京キリスト教と白い花」

萬珍樓の肉まん(横浜中華街)

百日紅白「南京のクリスチャン」

横浜赤
真夏のシーズン
子供の言語は多年生の赤、紫のバラ、oの木、くすぐりの木、白いスリップ

梅雨の終わりから9月末まで咲く花。
百実子の名前は、何百日も咲き続けていることに由来しています。花の色は赤、白、紫です。この名前は、トランクの皮膚が滑らかで、サルも滑るという事実に由来しています。

コメントを残す

必須欄は * がついています